若者からおじいちゃんまで家族そろって仕事仲間と楽しい時間を!!

ゴルフ技術

ゴルフ技術  

ボールとの距離とスウィング軌道  

  • ボールとの距離は、あまり離れすぎない方が良いと思います。


  • 離れすぎると、構えた時に腕が真下にブラッと下ろした状態ではなくボールに近い方にある。からだから遠くにある!


  • これだとスウィングした時にもとの場所に戻ってこない為、綺麗にミートできない確立があります!!


  • なので遠くよりは近く目に構えて、テークバックのとき、上に上げるのではなく、身体に巻きつけるように、身体をひねるように、脇を空けないようにテークバックする!




構えた時の左腕注意事項  

  • みなさん!


  • ボールを打つ前、構えた時に肩が開いていませんか?


  • 右利きの方だと、構えた時に左肩が目標に向かう線よりも左を向いていないか!ということです!!


  • 真剣にあそおに落とそうあの辺に落とそうといきんでいるうちに、右手に力が入り、だんだん目標方向に向かって体が開いていくんですね!


  • つまり目標よりも左を向いていることになり、綺麗にスウィングしても目標よりも左方向に落することになってしまいます!!


  • これだけでパットが1m遠くなったりすることにもつながり、しいてはスコアが悪くなる原因にもなります!!


  • 今一度、真剣になっている時こそ、リラックスして左を向きやすい事実を認識して軽く構えるべきですね!!


  • 良い方法として、左の腕を一度からだの正面に持っていき、そこから、脇を締めるように構えると左肩が目標に向かってまっすぐになると思います!!


  • 是非一度、やってみてください!!


振りきるまで頭の位置をキープ  

  • アイアンの番手は数多くあるが、各番手の性能を出し切るにはその番手のロフト通りにインパクトできればよいということです!


  • ボールをあげようとすればするほど、フェース面がねた状態でインパクトすることになり、想定している距離が得られません。


  • 逆にロフトが立ちすぎた状態でもボールの飛び出しが低くなり、この場合も十分な飛距離が得られないことになります!


  • ではどうすればよいのでしょうか!?


  • 理想は、アドレス時の頭の位置を振り切るまでキープさせるということ!!


  • 頭の位置を変えずにインパクト出来ればロフト通りに振りぬくことが出来るというわけですね!!


  • どうしても自然に目標地点を気にしたり、振り切ったらすぐにボールを目で追ってしまうことが無いように注意するだけでかなり的確に捉えられると思います!!


朝一のドライバーはミート優先  


  • そんなわけでドライバーってことになることが多いと思います!


  • 朝一の調子がよければ感じよく進めると思って結構力が入るとおもいます(笑)


  • 注意!!注意!!


  • 打ち急いではダメだと思い、ゆっくり大きくスイングすると・・・


  • 何故かスライスOB(泣)


  • そうならないためにも5cm程度短くもってミートにだけ気をつけてスイングしましょう!!


  • 短くもつことでミート率は向上します!


  • 朝一は身体が温まっていないこともあり、筋力が適切に柔軟な動きを静ライ状況にあります!


  • それを念頭においてミートに意識を変えましょう!


  • おおぶりするのは、スライスOBにつながり次のホールへ気分よく進むことが出来なくなります!


  • ですから朝一は、軽めにミート集中です!


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional